2019年11月の記録

2019年11月の総括

保有金融資産ポートフォリオ


米国株の割合が5%を超えました。米国株式の比率を増やしていきたい。
日本株比率が順調に下がってきた。
今後も日本株は株主優待銘柄がほとんどなので減らすのではなく、他の保有数を増やしていく方向は変わらず。
積立NISAは年間40万円にすべく少し額を増やしました。
※外貨建MMFは配当の一時保管庫として利用しているだけなので除外しました。

配当金・分配金の記録(税引前)

配当金について

配当金合計:33,172円

円での配当金
 43銘柄からいただけました。
 金額は31,251円となります。
 前年同月と比較すると10%増となります。
ドルでの配当金
 PFFだけですが17.63ドルとなります。
 
※ドル円=109円として米国株分は1,921円でした。

※アセアン株は円で渡されるので円での配当に混ぜてます。

株主優待について

今月いただいた株主優待数は47個。
今月権利の優待クロスは10個。
昨年の優待クロスは8個なので2個増えました。

投資信託について


2019/11の買付 43,450円分 (うちポイント買付は1,408ポイント)

積立NISAの計算だけとします。
楽天カードでの5万円買付は長期保有する気がないので計算から除外しています。
ハッピーポイントの個別銘柄ごとにポイント付与が6月25日で終了という改悪です。
銘柄は絞ろうと思っていましたが、
そもそも絞らなくてもいいかとも思えてきた。⇒このまま続けます。
年末までに40万へ少し届かないことが判明したので米国関連は金額を割り増ししています。

総括

配当で考えると11月は前年比微増です。
PFF買付は14口なので目標の15口/月を達成できませんでした。
PFFの配当は17ドル超え。円換算1,921円です。
PFFは合計132口になっています。
国内株の予算を米国へ向け買付を加速させています。
投資信託は現在値を気にする必要もなく推移しています。
貸株は7,575円です。
分散投資としてSPYD(米国)とキンカブで高配当株(国内株)も継続して積み立てて順調に推移。
60歳以降の資産として小規模企業共済とiDeCoも着々と増加。
お金がいくらあっても足りませんが継続を目指します。

今月の売買
【買い】
 HDVを1口
 PFFを14口
 SPYDを6口
 端株追加(4955 アグロカネショウ)

【売り】
 なし

キンカブ積立

値を気にせず毎月増えていくのが楽しみでなりません。
とはいえ全体的に値が上がってきました。
低いうちに集めたかったのでまだまだ低空飛行して欲しかったのが本音。
来月あたりキンカブの配当金を再投資できそうです。

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする